住宅こたえうね!ットへリンク

設計事務所と家をつくる

このサイトは、主に新築・リフォーム(リノベーション)・コンバージョン(用途変更)の戸建住宅、集合住宅(マンション)を扱います。

パルティータ建築工房は建築設計事務所(一級建築士事務所)で、代表の森岡篤は、一級建築士です。

設計事務所(建築家)は設計を専門とする会社で、工事は施工会社(工務店)が行います。

設計事務所と工務店とは、資本関係も金銭的つながりもない、全く別の会社です。
設計と施工が分離していることがポイントで、適正価格で良い建物をつくる上で重要なことです。
工事を行う工務店は、限定しているわけでなく、通常、複数の優良工務店に見積をお願いし、比較の上決定します。

建主・設計事務所・施工会社の関係は図のようになります。
建主は、設計事務所と設計監理契約を、施工会社と工事契約を、別々に締結します。
従って、支払いも各々別々に行います。

設計事務所は、設計段階では建主と打合せを行いながら設計を行いますが、工事が始まると監理を行います。
監理では、工事が設計図通り行われているかどうか、図面、仕様、現場でチェックを行い、問題点があれば建主に報告します。
建築の要素は非常に多く、設計段階の仮定が現場と合わないことも出てきます。
詳細なレベルで解決します。
建主には、要所で現場を見ていただきます。実際のスケールで現場を見ると、イメージの変化もあり、変更が必要になることが少なくありません。
設計事務所は、コストや問題点について、建主の立場で工務店と交渉し、解決します。